一生使える「行政書士」の資格取得で、手に職をつける

行政書士
一生使える資格を取得したいという女性にオススメしたいのが、「行政書士」です。

「行政書士」と聞いて、「難しそう」「どういう仕事かわからない」などと思った方も多いと思います。

「行政書士」とは、法律系の国家資格であり、就職・転職に有利なだけでなく、独立も可能な資格です。

法律系の国家資格というと、非常に取得が難しいという印象を受けると思いますが、
効率よく勉強することによって、法律に全く詳しくない方でも取得することが可能です。

また、国家資格であるため、一生使える資格であり、結婚や出産でいったん退職しても、仕事復帰がしやすく、どんな環境にあっても働くことができます。

では、この「行政書士」についてわかりやすくご紹介しますので、資格を取得する際に参考にしていただければ幸いです。
行政書士の特徴

  • 通信講座でも学ぶことができるので、仕事をしながらや、家事や育児の合間に学び・取得することが可能である
  • 国家資格なので、一生使うことができ、就職や転職に有利である
  • 独立・開業も可能な資格であり、一生最前線で働くことができる
  • 書類作成業務や書類提出手続き代理業務、契約書等代理作成業務、相談業務の4つの業務があり、幅広く活躍できる
  • 仕事に生かせるだけでなく、法律を学ぶので、実生活にも生かすことができる
  • パソコンとプリンターだけあれば、自宅開業も可能なので、家事や育児と両立することができる
  • 受験資格の制限がないので、年齢を問わず受験できる
  • 試験日は、11月の第2日曜日で、受験料は7000円


「行政書士」は、法律系の国家資格ですが、
法律系の資格の中でもしっかり勉強すれば、比較的取得が簡単な資格です。

結婚や出産などの環境の変化にも負けない、
手に職をつけたい女性に最適の資格であり、一生使える資格なので、この機会に取得しませんか?


女性におすすめの、一生使える「手に職」な資格である「行政書士」をご紹介しています。
「行政書士」とはどんな資格が必要なのか、どんな仕事なのかを詳しくご紹介しています。

このページのトップに戻る