「介護事務」は様々な勤務先がある人気の「手に職」資格

手に職をつけたい女性にオススメの医療系資格、「介護事務」をご紹介します。


「介護事務」とは、介護事業の運営に欠かせない仕事であり、「介護報酬請求業務」を中心に行います。
介護・福祉事業は、年々増加傾向にあり、この資格を取得することによって、様々な勤務先で働くことができます。

では、この「介護事務」について、詳しく見ていきましょう。
介護事務の特徴
  • 通信講座のみで取得可能である
  • 病院や診療所だけでなく、在宅介護サービスを行う民間事業者、老人保健施設など、活躍場が幅広い
  • 一度取得すれば一生使うことができ、全国で通用するので、どこでも働ける
  • 年6回も試験が行われるので、自分のペースに合わせて受験できる
  • 受験資格は問わないので、年齢を問わず取得が可能である
  • 介護事業は拡大の一途をたどっているので、介護事務技能者のニーズが高い
  • 勤務先が多く、勤務時間帯を選べることが多いので、子育てしながら働ける
  • 試験日は、年6回の奇数月で、受験料は5000円


「介護事務」を学べる講座はいくつかありますが、私のおすすめは「ニチイ」です。
「ニチイ」は、医療系の通信講座が充実しており、教材や学習内容も良く、人気が高いのでオススメです。


「介護事務」の資格を持っていれば、再就職や転職がしやすいだけでなく、
結婚・出産後も家庭と両立しながら働くことも可能なので、今すぐ必要ではない方も、取得しておいてはいかがでしょうか。


手に職をつけたい女性関連情報

「介護事務」は手に職をつけたい女性におすすめな医療系資格です。
「介護事務」は年々増加している介護・福祉事業に欠かせない職業です。
どんな資格なのかご紹介しています。

このページのトップに戻る