30代で手に職をつけたいなら、こんな資格がおすすめです

30代で手に職をつけたい!と思っている方に、おすすめの資格をご紹介します。


結婚や出産を機に退職する方が30代では多く、特に、出産して子供が小さいうちは子育てに専念したいという方が多いのではないでしょうか。

その中で、いずれは仕事に復帰したい、働きたいと思っている方や、働きながら手に職をつけ、仕事に生かしたいという方も多いですよね。
そんな方にオススメなのが「簿記検定」です。

簿記検定」は、企業の経理事務に不可欠のスキルで、再就職を希望する女性にオススメです。
結婚や出産後も簿記の技能を生かして働くことができますし、事務職として働いている方には欠かせないスキルです。

「簿記検定」は、通信講座でも学び・取得することができるので、働きながらでも、子育てをしながらでも十分取得することができます。

事務職は、求人も多くあり、この資格を持っていれば、ある程度の年齢になっても再就職や転職がしやすく、仕事に生かすことができるので、取得しておいて損はないと思います。
次に30代の女性にオススメなのが、「介護事務」です。

「介護事務」とは、介護事業の運営に不可欠なデスクワーク、「介護報酬請求業務」を中心に行う仕事であり、高齢化が進む現代では、どんどんニーズが高まっている注目の資格です。

働く場所は、病院や診療所はもちろん、特別養護老人ホーム、老人保健施設、在宅介護支援センターなど様々です。

この「介護事務」は、通信講座で学ぶことができますので、働いている方でも、子育て中の方でも、無理なく取得することができるので、オススメです。


ご紹介した2つの資格は、現場で生かせることができ、仕事の合間や、家事・育児の合間に学ぶことができるので、様々な状況にある30代の女性に特におすすめです。

手に職をつけたい女性関連情報

30代の手に職をつけたい女性にオススメする、職業と資格をご紹介しています。
結婚や出産を機に退職し、その後復帰を望む人や、働きながら手に職をつけて仕事に活かしたいという人におすすめな資格をご紹介しています。

このページのトップに戻る