20代の女性にオススメな、一生モノの資格

手に職をつけておけば、結婚や出産などで一時的に退職したり、休職したりしても、仕事復帰がしやすいため、できればなにかしらの資格を取得しておいた方が良いと思います。

20代という若い年代で、手に職をつけておけば、仕事に有利なだけでなく、長期間で専門的な知識と経験を積むことができ、少し難易度が高い取得でも、じっくり向き合うことができるので、他の年代に比べ、取得しやすいのではないでしょうか。

ここでは、20代の女性におすすめの手に職がつけられる資格をご紹介します。


私が一押しの資格は、看護師資格です。

看護師資格は、年を重ねても取得できる資格ですが、費やす時間と勉強内容などからみて、できるだけ早い年代での取得が好ましいと思います。

看護師資格は、大学や短大、専門学校などで、3年以上の教育を受け、国家試験に合格することによって取得することができます。
知識や実習など、様々な分野を学ぶ必要があり、時間も体力も必要とされるため、時間の融通がきく20代での取得が望ましいのではないでしょうか。

働きながら学ぶ人や、子育てしながら学ぶ人もいますが、時間の制約がされることが多く、思ったように勉強がはかどらなかったり、周囲の方の協力なしでは取得するのが難しいのではないでしょうか。
女性の社会進出が認められている現代においても、出産などで長期間休む場合や、小さい子供がいる女性にとって、まだまだ働きにくい職場が非常に多くあります。
しかし、看護師は、そんな環境にあっても、十分働くことができる数少ない職業です。

看護師資格を持っていれば、各種病院だけでなく、保育所や幼稚園、学校などの教育現場、企業の保育施設など、様々な場所で働くことができ、勤務時間帯も選ぶことができます。


結婚後や出産後も働きたい、という方は、20代で看護師資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。
20代の手に職をつけたい女性にオススメな職と資格をご紹介します。
結婚や出産で一時的に退職したり休職したりしても、仕事復帰がしやすい職をご紹介しています。

このページのトップに戻る