自分の力を試したい独身女性なら、この手に職資格がおすすめ!

手に職をつけたい独身女性にオススメの資格をご紹介します。


独身女性の方は、結婚後・出産後も仕事を続けたい、出産して子供ができた後、子育てが一段落したら仕事に復帰したい、男性と肩を並べてバリバリ仕事をこなしたいなど、様々な思いを持っていると思います。

手に職を持っていれば、どんな環境になっても仕事をすることができますし、同じ立場の女性がいた場合でも、有利に仕事をすることができます。

私が独身女性にオススメするのは、「宅建取引主任者」の資格です。

「宅建取引主任者」とは、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格で、不動産業界では、事務所に5人に1人の割合で置くことが義務付けられているため、需要は常にあります。
そのため、不動産業界への転職を希望している方や、すでに働いている方には、非常に有利な資格であることはもちろん、「不動産業界には興味がなかったんだけど」という方も、持っていて損はない資格です。

例え不動産業界に興味がなくても、ニーズが高いので、リストラや倒産、転職等のまさかの時に備えとして非常に有効です。

また、行政書士やファイナンシャルプランナー司法書士など、次の資格につなげやすい資格であり、「宅建取引主任者」を学ぶことによって、仕事の幅を広げることができます。

さらに、資格手当の支給や昇進に結びついたり、独立開業するチャンスもあり、一生仕事を続けたいという独身女性にオススメの資格です。


不動産業界に興味がない方も、この機会に取得を目指し、自分の力を試してみてはいかがでしょうか。
独身女性で、手に職をつけたいと思っている方におすすめな資格をご紹介しています。
結婚後、出産後も仕事を続けたい方や、男性と肩を並べて仕事をこなしたいという肩におすすめな資格です。

このページのトップに戻る