女性に大人気の「保育士」は一生使える資格です

女性に大人気の職業である「保育士」についてご紹介します。


「保育士」は、実務などの受験資格が必要な難関資格ではありますが、
一度取得すれば一生使える資格として、女性に大人気の職業です。

人気の秘密は、結婚や出産も経験として生かすことができるので、仕事をする上でマイナス要因になり得ることも、プラスに変えることが出来る点です。

保育園や幼稚園だけでなく、介護や福祉の現場でも活躍の場が広がっており、様々な分野で生かすことができます。

子供が大好きな方の転職とも言うべき「保育士」ですが、まだまだその数が不足しており、ニーズは高まる一方です。
共働き世帯が増え、待機児童数も増加の一途をたどっており、ベビーシッターや企業内の保育施設などでも働くことができます。


「保育士」は、国家資格なので、一生使うことができますし、引っ越しや、結婚・出産などで生活環境が変わっても柔軟に対応することができます。
通常「保育士」資格を取得するには、
厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業するか、
保育士試験に合格するかのどちらかですが、通信講座でも学ぶことができます。

「ユーキャン」の通信講座を例に挙げてみてみますと、
受講期間の目安は1年間で、全部で8個ある試験科目は、1回の受験で全て合格しなくても良いとされています。
1度合格すれば3年間有効なので、その間に全て合格すれば、晴れて「保育士」です。

実務なども必要とされるので、難しい資格のように見えますが、
国家資格の中では、比較的容易な資格になりますので、決して取得不可能ではありません。

試験日は、筆記試験が8月上旬、実技試験が10月中旬で、受験料は、12700円です。
ただし、受験資格が実務経験5年以上など、細かく決められていますので、確認する必要があります。


結婚や出産もプラスにすることができる女性に嬉しい国家資格「保育士」資格の取得を目指して頑張ってみませんか?


「保育士」は、実務などの受験資格が必要な難関試験ですが、一生使える女性に人気の資格です。
保育士の資格を取得する方法や、女性におすすめな理由などをご紹介しています。

このページのトップに戻る