「介護福祉士」は需要が高まっている手に職資格です

介護福祉士医療現場や介護の現場で働きたいという女性のために、「介護福祉士」をご紹介します。


「介護福祉士」とは、介護の現場で、高齢者や障害者の入浴・排泄、食事などの介護を行い、
その人や介護者に対して、指導・助言を行う仕事です。

高齢化が進む中で、介護事業は年々増加しており、「介護福祉士」の需要が高まっているため、
この資格取得者は、就職・転職等の際に有利になることが多くあります。


「介護福祉士」の国家試験を取得するには、指定の養成施設に2年間通い、必要な科目を履修して資格を取得するか、3年以上の実務経験を重ねて国家試験を受ける必要があります。

3年以上の実務経験がある方は、通信講座で学習し、取得することができますし、実務経験がない方は、

施設や介護サービス企業で働きながら通信講座を受講するのが、効率よく学び・取得する方法です。
介護の仕事は、この「介護福祉士」の資格がなくてもすることができますが、
専門的な知識や経験を生かし、専門的・技術的指導をすることができるので、即戦力として働くことができます。

そのため、就職や転職の際に大いに役立ちますし、出産後に再就職を目指す際にも役に立ちます。

「介護福祉士」は、受験するためには、実務経験が必要とされますが、

介護事業は増加する一方なので、取得すれば一生使える資格として大いに役立ちます。


試験日は、筆記試験が1月、実技試験が3月に行われ、受験料は、10650円です。

受験資格が決められていますので、事前に確認のうえ、受験してください。


「介護福祉士」は、手に職をつけたい女性におすすめな資格です。
介護事業が年々増加している中、需要が高まっている職のひとつです。
どんな資格なのか、ご紹介しています。

このページのトップに戻る