ずっと使える資格「ケアマネージャー」で手に職をつけるには

介護や福祉などの医療現場で働きたいという方にオススメの資格、「ケアマネージャー」をご紹介します。


「ケアマネージャー」とは、介護保険制度の中核を担う資格であり、高齢化が進む日本では欠かせない資格です。
介護を必要とする人と、福祉・医療・保険のサービスを結ぶ役割をしており、重要な仕事をになっています。

「ケアマネージャー」の主な仕事は、介護が必要な方に最適なケアプランを立て、サービスの調整を行ったり、
しっかりサービスが行われているか、また効果が出ているかのチェックを行うことです。

介護事業は、高齢化に伴い増加傾向にあり、「ケアマネージャー」の資格は、社会的ニーズが高まっているので、
取得すれば、就職や転職に有利になります。

また、介護などの医療現場では、非常に有効な資格であるため、出産後の再就職もしやすいのが魅力です。

また、仕事の幅も大きく広げることができるので、キャリアアップにつながります。
「ケアマネージャー」は、介護保険制度を利用するためには、
必要不可欠な存在であり、まだまだ人数が足りない状況です。

また、介護事業に参入する企業も多いため、さらに有利に働くことが予想されます。


この「ケアマネージャー」の資格は、医師や介護福祉士、社会労務士、薬剤師や保健師などの資格を持っており、
実務経験が5年以上の方や、いずれの資格を持たず、介護などの業務経験が通算5年以上もしくは10年以上ある方に限定されています。

いずれの実務経験も持っていない方は、受験することができませんが、
受験資格に当てはまる方は、取得すれば活躍の場を広げることができるので、オススメです。

試験日は、10月の日曜日に行われます。


幅広い分野で活躍するために、「ケアマネージャー」の資格を取得してはいかがでしょうか。

手に職をつけたい女性関連情報

「ケアマネージャー」は、高齢化が進む日本で欠かせない資格です。
福祉・医療・保険サービスになくてはならない存在で、手に職をつけたい女性におすすめな資格です。
どのように活かせるのか、取得する方法などをご紹介しています。

このページのトップに戻る