不動産業界では欠かせない「宅建取引主任者」で手に職をつける!

手に職をつけたい女性におすすめの、持っていると重宝される資格の一つ「宅建取引主任者」をご紹介します。

「宅建取引主任者」という資格を初めて聞いたという方や、聞いたことはあるけど、どういうものかはわからないという方が多いのではないでしょうか。

不動産業界で働いている方には、なじみのある資格であり、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格です。

不動産業界の事務所の5人に1人の割合で有資格者を置くように義務付けられています。

そのため、不動産業界ではなくてはならない存在であり、この資格所有者は、重宝されるのです。

この「宅建取引主任者」の特徴や仕事内容を分かりやすくご紹介しますので、

不動産業界に興味がある方や、社内で優遇される資格をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。
宅建取引主任者の特徴

  • 不動産業界には欠かせない資格であり、ニーズが高いので重宝される
  • 国家資格なので、一生使え、再就職や転職しやすい
  • この資格を持っていると、キャリアアップや、昇給に結び付く可能性もある
  • 独立・開業することも可能なので、一生働くことができ、勤務時間帯も融通がきく
  • 比較的取得しやすく、身につけた知識は、行政書士司法書士など、他の資格取得をする上でも役立つ
  • 通信講座でも学ぶことが可能である
  • 受験資格に、年齢・性別・学歴などの制限が一切ないので、誰でも取得することが可能である
  • 試験日は、10月の第3日曜日で、受験料は7000円


「宅建取引主任者」は、他の資格を取得する上でも役に立ちますし、不動産業界では、非常に重宝される資格です。

また、独立・開業すれば、定年退職がない上に、勤務時間帯も自分の都合に合わせられるので、
生活環境の変化にも対応できますので、女性の方必見の資格ではないでしょうか。


手に職をつけたい女性なら「宅建取引主任者」の資格取得がおすすめです。
「宅建取引主任者」がどんな資格で、どのような仕事で活かせるのか説明しています。

このページのトップに戻る