スキルアップや転職、就職に「CAD」で手に職をつける

「CAD」という言葉を聞いたことがありますか?

「CAD」とは、コンピューター支援設計とも呼ばれ、コンピューターを用いて設計することであり、

多種多様の分野で、製図、設計、作図などの各方面で使用されており、
この資格を持っていることによって、幅広い分野で活躍することができます。

「CAD」を習得することによって、社内でのキャリアアップも見込めますし、就職や転職の際にも有利になります。

今やパソコンが仕事に大いに使用されており、これからさらにニーズが高まることが予想されます。

また、デスクワークなので、体力面では男性にかなわない女性でも、十分能力を発揮することができます。

ここでは、「CAD」の特徴などを詳しくご紹介しますので、何か資格を取りたい、と思っている方は、ぜひご検討ください。
CADの特徴

  • 企業の大小にかかわらず、あらゆる企業で働くことができ、仕事の幅が広がる
  • 通信講座で学ぶことができるので、育児や家事をしながらでも習得できる
  • システム管理者やインストラクターとしても働くことができる
  • 設計関係で働く方には、大きな武器になる
  • 設計関係だけでなく、服飾関係やアニメ業界でもCADのニースが高いので、好きな業界で活躍できる
  • 試験日は、CAD利用技術者の基礎試験は、自宅のパソコンで受験可能であり、受験料は4000円・2級試験は前期6月、後期11月で、受験料は5500円


「CAD」の技術や知識を習得しておけば、様々な分野で働くことが可能であり、重宝されるので、取っておいて損はない資格です。

「CAD」は、女性のキャリアアップや就職、転職に有利な資格です。
どんな資格なのか、どんな働き方ができるのかを説明しています。
手に職をつけたい女性におすすめですよ!

このページのトップに戻る