「簿記検定」はどんな企業でも重宝される手に職資格

持っていると重宝される女性必見の資格、「簿記検定」をご紹介します。


「簿記検定」は、取得しておいて決して損はない女性必見の資格であり、
個人のお店から大企業まで幅広く活躍の場がある大注目の資格です。

「簿記検定」とは、簡単に言うと帳簿の付け方を習得することです。

様々な商店や企業では、お金の流れを把握するために帳簿をつける必要がありますが、

そのお金の管理を、誰がいつ見てもわかるように、
一定期間ごとに、一定のルールを守って、記録・計算・整理する必要があります。

そのルールを学ぶのが、「簿記」であり、会社の希望を問わず、どんな会社でも必要であるため、「簿記」ができる人は、重宝されるのです。

この「簿記」ができるという証明をするのが、「簿記検定」であり、これに合格すると、様々な企業で働くことができ、活躍の場を広げることができるのです。

この「簿記検定」の特徴を分かりやすくまとめましたので、ご覧ください。
簿記検定の特徴

  • 取得すると、個人商店だけでなく、大企業でも働くチャンスがあり、重宝される資格である
  • 企業では欠かせない資格であるため、就職や転職、キャリアアップに役立つ
  • 日本全国どこでも通用する資格なので、結婚や出産などで、生活環境が変わりやすい女性に最適
  • あらゆる分野の独立・開業に役立てることができる
  • 簿記検定には、3級と2級があり、順に取得していくことによって、簿記1級税理士など、上級資格取得を目指すことができる
  • 通信講座でも学ぶことができるので、家事や育児の合間、仕事をしながらでも取得することができる
  • 試験日は年3回で、6月、11月、2月に行われ、受験料は2500円


「簿記検定」は、就職や転職に役立つだけでなく、子育てが一段落した後の仕事復帰もしやすいので、
今すぐ必要ではない方も、取得しておけば、後々役立つこと間違いなしです。

様々な企業で働く事ができ、キャリアアップや昇給も望むことができるので、
ずっと仕事を続けたい、何か資格を取りたいという女性にはぴったりの資格です。


「簿記検定」は、女性で手に職をつけたいと考えている人におすすめな資格です。
持っていると重宝される資格で、どんな企業でも活かすことができます。
「簿記検定」がどんな資格なのか、ご紹介しています。

このページのトップに戻る